M2 ProおよびM2 Maxチップを搭載した新しい MacBook Proは現在「開発段階」にあり、生産開始は10月以降か?

Bloombergのマーク・ガーマン氏によると、M2 ProおよびM2 Maxチップを搭載した Apple の次世代14 インチおよび16 インチ MacBook Proモデルは「開発とテストの段階に入っています」とのことです。

2022年8月28日の「Power On」ニュースレターで、ガーマン氏は、Appleが新しい MacBook Pro モデルを「早ければ今秋」にリリースする予定であると述べましたが、いつものように、サプライチェーンの混乱やその他の理由により、時期が遅れる可能性があると述べました。アナリストの Ming-Chi Kuo 氏によると、ノートブックの大量生産は第4四半期に開始される予定です。

M2 ProおよびM2 MaxチップがApple の最初の 3nmチップである可能性を示唆するレポートもありますが、チップが5nmのままである可​​能性がますます高まっているようです。AppleはTSMCの標準5nmプロセス「N5」から「N5P」としてより高度な5nmプロセスに移行すると予想されているため、チップは現在の14インチおよび16インチMacBook ProモデルのM1 ProおよびM1 Maxチップよりもパフォーマンスが向上します。 。

標準の M2 チップと同様に、M2 Proおよび M2 Maxチップも、同等のM1チップと比較して、GPU コア数 RAMが増加している可能性があります。

14 インチと 16 インチの MacBook Pro に大きなデザイン変更の噂はありませんが、ノートブックが 2021年10 月にまったく新しいデザインで発売されたことを考えると、これは当然のことです。再設計には、MagSafeやHDMIなどのポートの復活が含まれています。アップグレードされた 1080p カメラと薄いベゼルのために、ディスプレイにノッチが追加されました。

さらに噂によると、M2 Proチップを搭載した新しいMac miniが、M2 Ultra およびM2 Extremeチップを搭載した新しい Mac Proタワーとともに、今年リリースされる可能性があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月29日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。