iPhone 14 Pro、カメラバンプ(突起)が大幅に増加

最近のいくつかのレポートによると、AppleのiPhone 14 Proモデルは、さらに大きな背面カメラ アレイを搭載することが予想されています。

Max Weinbachが共有した iPhone 14 Pro モデルの漏洩したとされる回路図は、背面カメラ部分全体の高さがiPhone 13モデルと比較して各寸法で約 5%増加し、幅が35.01mmから36.73mmに、縦方向の高さが36.24mmから38.21mmなるとのことです。同様のサイズの増加は、iPhone 14 ラインナップの金型、ダミー モデル、およびサードパーティのケースでも示されています。

Jon Prosser氏からリークされた情報に基づいているとされている初期のレンダリングでは、「iPhone 14 Pro」はフラッシュ リアカメラアレイを備えた最初の「iPhone」になる可能性があり、iPhoneの発売以来ほぼ 10 年間「iPhone」に残っていた突き出たカメラに終止符を打つ可能性があると主張しました。

Weinbachによる回路図は、これが当てはまらないことを示唆しており、iPhone 14 Pro の背面カメラ アレイはデバイスからさらに突出し、iPhone 13 Proの3.60 mm から iPhone 14 Proの4.17 mm に増加します。

48MPカメラ システムは「iPhone 14 Pro」モデルに限定され、8Kビデオ録画に対応することが期待されており、「iPhone 13 Pro」の 12MPカメラと 4Kビデオ録画機能を大幅にアップグレードします。また、「iPhone 14 Pro」で記録された高解像度の 8K ビデオは、Appleの長い間噂されていた AR/VR ヘッドセットでの表示に適しているとも言われています。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月27日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。