macOS Ventura、ついにMacでAirPodsの完全な設定が可能になる

AirPodsは主にiPhone に関連付けられていますが、Macでも使用できます。接続はiPhone から Macに自動的に切り替わります。しかし、macOS Monterey以前では、ユーザーはAirPodの設定の多くを制御できませんでした。ノイズキャンセリングは AirPods Pro 用に調整できますが、それだけです。

macOS Venturaでは、iOSと同様に、ユーザーは最終的にAirPods設定の完全な設定にアクセスできるようになります。AirPodsが接続されている場合、AirPodsの設定は Venturaのシステム設定に表示されます。接続が切断されると、AirPodsの設定は表示されなくなります。

設定にアクセスするには、AirPodsをMacに接続します。次に、[システム設定] を開き、左側の列で、キーボードやトラックパッドなどの入力デバイスの設定があるセクションまで下にスクロールします。このセクションの上部に、AirPods が表示されます。

AirPodをダブルタップしたときの動作を設定したり、自動耳検出をオン/オフにしたり、AirPods が Mac に接続する方法を設定したり、マイクの設定を調整したりできます。[探す] ボタンをクリックして、AirPods を見つけることもできます。

(via MacWorld

Last Updated on 2022年8月26日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。