Microsoftが次のWindows 11アップデート名称を分かりやすく簡素化するかもしれない

Microsoftは、次の大きなOS アップデートを「Windows 11 2022 Update」と命名する準備をしている可能性があります。この命名への言及は、現在 22H2と名付けられている次の大きな Windows 11リリースのほぼ最終バージョンの名称として登場する可能性があります。Twitter ユーザーのXenoPantherは、新しい PC をセットアップしたときに表示される [Get Started] アプリで Windows 11 2022 Update という名前を見つけました。

ネーミングは単にプレースホルダーである可能性もあれば、Microsoft が最終的に混乱しがちな Windowsの更新名を簡素化していることを示している可能性もあります。クリエーターズアップデートという大きな Windows 10アップデートのネーミング、 Windows 10 May 2021 Updateのようなより平凡なネーミング、最近ではWindows 10 21H2モニカなど、さまざまな名前が長年にわたって見られてきました。

Microsoftは、動物や人にちなんでアップデートの名前を付けることを検討していましたが、Apple が iOS、iPadOS、watchOS、および他の多くのソフトウェア アップデートで行っているようなポイント リリースではなく、より安全な月次の名前に移行しました。Microsoftが機能の大幅なドロップを減らすことを計画している場合、Windows 11アップデートの年次命名への移行は理にかなっています.

最近のレポートによると、Microsoft は2023年に Windows 11の「23H2」年次アップデートの計画を破棄し、代わりに年間を通じて新機能を展開することを優先するように動いています。Microsoft は最近、Windows Insiderプログラムを変更し、事前にテストされた実験とプロトタイプ機能を追加しました。これらの変更により、Microsoft は Windowsの3年間のリリース サイクルに戻り、2024年に新しいメジャー バージョン (Windows 12?) がリリースされる可能性があります。

いずれにせよ、Microsoftの次の大きなWindows 11アップデートは、同社の通常の月例パッチ修正から1週間後の9月20日に予定されています。Windows 11 22H2 (または Windows 11 2022 Update) には、スタート メニューのアプリ フォルダー、タスク バーでのドラッグ アンド ドロップ、新しいタッチ ジェスチャとアニメーションなど、多くの新しい改善が含まれます。

(via The Verge

Last Updated on 2022年8月24日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。