Apple、Stage Manager調整のためiPadOS 16リリースを遅らせることを決定、開発者は最初の16.1ベータ版を利用可能に

今月初め、Bloombergのレポートは、 AppleがStage Manager のユーザーエクスペリエンスに満足していないため、iPadOS 16のリリースを 10月まで延期することを検討していることを明らかにしました。

iPadOS 16のリリースが遅れているため、Appleは、開発者に最初 iPadOS 16.1 ベータ版をインストールできるように公開しました。。

もちろん、Apple は iPadOS 16 のリリースがバグやその他の品質問題のために遅れるとは直接述べていません。代わりに、同社は今年が「iPadOSにとって重要な年」であり、「独自のスケジュール」があると主張しています。

Appleは、iPadOS 16 の主要な新機能の 1 つである Stage Managerを微調整するのに、さらに時間がかかる可能性があります。これにより、ユーザーは iPadで初めてフローティング ウィンドウで複数のアプリを実行できます。この機能は、M1チップを搭載した iPad を必要とするだけでなく、混乱を招き、不安定であると広く批判されてきました。

最近の噂によると、Apple は10月に新しい iPadモデルを導入する計画も持っているため、それまで iPadOS 16 のリリースを延期する方が理にかなっています。iPad ユーザーは、今秋後半に「バージョン 16.1 として」iPadOS 16を受け取る予定です。一方、iOS 16.0は、今後数週間で iPhone ユーザー向けにリリースされる予定です。

現時点では、iPadOS 16.1 ベータ版が以前の iPadOS 16.0 ベータ 6と何か違うものをもたらすかどうかは不明です。

開発者のJames Thomso氏が Twitterで指摘しているように、iOS 16と iPadOS 16 の間の遅延は、開発者に大きな影響を与える可能性があります。これは、多くの開発者が iOS 16 APIと iPadOS 16 APIを使用してユニバーサルアプリを構築しており、それらを分離する方法がないためです。唯一の解決策は、開発者が iOS 16 と iPadOS 16 の両方が公開されるまでアプリのリリースを遅らせることです。

関連するメモとして、Appleは火曜日にiOS 16.0 ベータ 7も開発者にリリースしました。iOS 16.0 ベータ 7 のビルド番号は 20A5356a ですが、iPadOS 16.1 ベータ 1 のビルド番号は 20B5027f です。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年8月24日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。