Appleがロシアの「Telegramメッセージ」のアプリ審査に時間をかけていることにTelegramのCEOが反発


TelegramのCEOであるPavel Durov氏は、Apple がApp Storeでのアプリのアップデートを遅らせてきたと主張しています。このアップデートについては、「人々がメッセージングで自分自身を表現する方法に革命を起こす」ものです。

木曜日のTelegramメッセージで、Durov氏は次のアップデートがApple の審査プロセスで2週間停滞しており、iPhoneメーカーから遅れについての説明がないと述べています。

「世界で最も人気のあるアプリのトップ10の1つであるTelegramがこの扱いを受ける場合、小規模なアプリ開発者が経験する困難を想像することしかできません」とDurov氏は書いています。

Telegramの最高経営責任者はまた、アプリとアプリ内購入に30%の手数料を請求したとして、Apple と Google を攻撃しました。Durov氏は、アプリのレビューの遅れは、コミッションに対するもう1つの害であり、これを「税金」になぞらえていると述べています。

「EUや他の地域の規制当局は、これらの虐待行為をゆっくりと調査し始めています」と彼は言いました. 「しかし、アップルがテック業界に与えた経済的ダメージは元に戻らないだろう。」とも述べています。

TelegramのアップデートがAppleのアプリ審査プロセスで滞ったのは、これが初めてではありません。2018年にさかのぼると、ロシア当局がクパチーノの技術大手に対し、安全なメッセージング アプリを App Store から削除するよう要求した後、Apple はグローバル アップデートを延期しました。

他のアプリ開発者や幹部は、過去に Apple の App Review プロセスについて不満を述べてきました。2021 年、Hopscotch の CEO であるサマンサ ジョンは、Apple のレビュー プロセスを「カフカエスク」と呼びました。

Apple は近年、App Store のポリシーを修正する動きを見せており、これには、更新されたアプリ審査プロセスとルール、および100 万ドル未満のアプリに対する15%の低い手数料の導入が含まれます。

Apple 側には、コードに何が含まれているか、またはどのようなデータが収集されているかについて、危険信号または懸念がある可能性があります。

彼は、Apple が 12億人にリーチできるプラットフォームを構築したことにもっと感謝する必要があります。Appleは1年以上のサブスクリプションに対して15%しか請求しません 。

(via AppleInsider

Last Updated on 2022年8月12日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。