GoogleがAppleのiMessageにRCSをサポートすることを望んでいる打算的な理由


画像ソース: Killian Bell/Cult of Mac

iMessage(Apple製メスセージアプリ)でRCS(Rich Communication Services)をサポートするようAppleに働きかるGoogle側のキャンペーンは続いています。

iPhoneのiMessageはRCSをサポートしていないため、「最新のテキストメッセージ」に欠けており、不必要な問題を引き起こしていると主張しています。Appleは長い間 RCS に抵抗してきました。代わりに、メッセージ ソフトウェアの最大のメリットを iPhoneユーザーに提供することを選択しています。

iPhoneが別のAppleユーザーからテキストメッセージを受信すると、青い吹き出しで表示されます。しかし、Android ユーザーからのテキストは緑色で表示されます。また、iMessageの機能の多くは、緑色のバブルでは機能しません。

Googleによると、クロスプラットフォームのテキストメッセージは、「ぼやけたビデオ、壊れたグループチャット、開封確認と入力インジケーターの欠落、Wi-Fi経由でのテキストメッセージの欠落など」につながる可能性があります.

Googleは、Get The Message Webサイトを作成して、Apple に圧力をかけました。同社は、iPhone が Android からのメッセージをSMS および MMS メッセージに変換すると不満を述べており、これを「90 年代および 2000 年代の時代遅れのテクノロジー」と呼んでいます。

Google は、AppleがRich Communication Servicesに移行することを望んでいます。これにより、「高解像度の写真とビデオの共有、開封確認、絵文字の反応、エンドツーエンドの暗号化によるセキュリティとプライバシーの向上など」が、AndroidユーザーとiPhoneユーザーがテキストを交換する際にもたらされます。Appleのユーザーは、他のiPhone ユーザーとテキストを交換している限り、すでにこれらの利点を享受しています。

RCSに対する iPhone のサポートは、実際には Google 対 Appleに関するものです
Appleは、Google が望んでいるのと同じ理由で、RCSサポートの追加に抵抗してきました。それは、両社間の競争です。

Googleがより良いクロスプラットフォーム メッセージングを求めているのは、その心の良さからではなく、iOSからGoogleのAndroid OSに切り替える人の数が増える可能性が高いためです。明らかに、それはAppleの最善の利益ではありません。

米国の10代の若者のなんと 88% が iPhoneを所有しており、青い泡のメリットを十分に享受しています。Androidを使用すると、グループ チャットの全員に問題が発生する可能性があるため、Android を使用しないというピア・プレッシャーがあります。

そしてそれは10代だけではありません。人気のあるスタートアップのCEO は、ベンチャーキャピタリストからの資金提供を求める起業家は、緑色の吹き出しで表示されるテキストでは、資金を得る可能性が低いと述べています。

Apple がそのソフトウェアにRCSサポートを追加すれば、iPhone を選択する理由の 1 つとともに、クロスプラットフォームの違いがなくなります。

(via Cult of Mac)

Last Updated on 2022年8月10日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。