84歳で亡くなった三宅一世(イッセイミヤケ)は、スティーブ・ジョブズがいつも着ていたタートルネックのデザイナー

スティーブ・ジョブズ氏の象徴的な黒のモックタートルネックセーターと未使用のApple従業員のユニフォームをデザインしたことで知られる日本のファッションデザイナー、イッセイ・ミヤケが84歳で亡くなりました。

1938 年に広島で生まれた三宅氏は、多作なグローバルなハイファッション ブランドを構築し、Apple の共同創設者兼 CEOであった故スティーブ・ジョブズ氏と独自の関係を築きました。伝記作家のウォルター・アイザックソンによると、ジョブズ氏はソニーの企業ユニフォームに感銘を受けました。

1981年、ソニーは創立35周年を記念して、制服に追加するジャケットのデザインを三宅に依頼しました. 未来的なトープ リップストップ ナイロン ジャケットは、袖のジッパーを開けてベストに変えることができ、ラペルはありませんでした。

ジョブズ氏はソニーのミヤケのジャケットを賞賛したようで、Appleの従業員のために同様のベストをデザインするよう依頼しました. Appleの三宅のジャケットは、ジョブズ氏がサンプルを持って戻ってきて、カリフォルニア州クパチーノの従業員にApple の企業制服のアイデアを提案したときにつまずきました。

ジョブズ氏は、意思決定の疲れを軽減し、視覚的なアイデンティティを形成するために、リーバイスの 501ジーンズとニューバランスの991 スニーカーを選びました.

彼はミヤケに、当時イッセイミヤケ Inc. から175 ドルで販売されていた多数の黒のタートルネック セーターを提供するように依頼しました。
2011 年にジョブズ氏が亡くなった後、2017 年にファッション ブランドのアパレル インから引退する前に、黒のモック タートルネックの売り上げが急増しました。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年8月10日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。