[世界が注目]日本の「長寿の島」で、長寿の秘密を発見

画像ソース:宮古ツアーズ

長寿の島は沖縄本島は東シナ海にあり、日本本土と台湾の間に位置しています。美しいだけでなく、島の平均寿命は米国よりも5 ~ 11年長いのです。そして、私たちが思っている以上に環境が関係しているかもしれません。

日本の厚生労働省によると、島では女性の平均寿命は 90 歳、男性の平均寿命は 84 歳です。さらに、島の高齢者は、冠状動脈性心臓病、脳卒中、または癌などの病気を発症する可能性が低い傾向があります。

認知症などの他の「老年期」の病気もまれであるとユニラッドは報告しています。もちろん、研究者たちは、島の住民が長生きする原因が正確にはわかっていません. 島の正の老化プロセスにより、いくつかの加齢に関連した現象が見られます。研究者はまた、島民の多くが痩せていて、慢性疾患の発生率が低く、エネルギーレベルが高いことにも注目しました。

研究者によるさらに別の研究では、居住者の遺伝子構造が自己免疫疾患の予防にも役立つことがわかりました。また、炎症性疾患も予防するようです。しかし、島民が新しい場所に移動してライフスタイルを変えると、これらの予防遺伝子は失われるようです。島民の食生活が長寿の秘訣なのかもしれません。

研究者が注目している島民の生活の重要な側面の 1 つは、「腹八分」として知られる文化的慣行です。腹八分では、島民は満腹になるまでしか食べません. そのため、彼らは食べ過ぎをしていません。これは、カロリー摂取量が少なくなり、消化器系の「フリーラジカル」が少なくなることを意味します.

フリーラジカルは、自由電子を持つ不安定な酸素分子です。多くの場合、細胞内の自然なプロセスによって形成されます。ただし、ストレス、食事、アルコール、喫煙、さらには運動もフリーラジカルを引き起こす可能性があります. 食べる量を減らすとフリーラジカルを抑えることができるかもしれませんが、それが長生きの秘訣なのでしょうか? それは不明です。

私たちが知っていることは、沖縄を故郷と呼ぶ島民は、健康に計り知れない利益をもたらす厳格なライフスタイルに従っているということです. そのため、彼らは世界中の他の人々よりもはるかに長く生きることができます. ただし、この長寿命の秘訣が島の外でも同様に機能するかどうかはまだわかりません。

(via BGR

追記:
腹八分は、沖縄だけではなく、日本全国で言われている健康法ですが、沖縄の初等部の人たちは、それをより厳格に実施しているのでしょう。さらに本土と比べてストレスが少ないことも健康に影響しているかも知れません。M林檎

Last Updated on 2022年8月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。