次期iPad、ヘッドフォンジャックを捨てる可能性、ホームボタンは搭載?(レンダリング画像あり)

画像ソース:mysmartprice

Appleは、今年後半に通常のiPadを新しい内部構造でアップグレードすると噂されています。以前のリークでは、タブレットが前任者と同じデザイン言語に従うことが示唆されていましたが、新たにリークされた一連のレンダリングは、デザインの刷新を示唆しています. これらのレンダリングはMySmartPriceによって公開されており、ケースメーカーから供給された CAD ファイルに起因しています。

レンダリングによると、第10世代iPadは角が丸く、側面が平らになります。ここで注目すべき興味深い点は、ディスプレイが丸みを帯びた角に移行していないことです。したがって、次のモデルでは四角い角形のディスプレイが見られる可能性があります. 認証用のTouch IDがあり、デバイスの前面には自撮りカメラがあります。このデバイスには、下部に2つ、上部に 2 つのクアッド スピーカー システムが搭載されているようにも見えます。また、興味深いのはホームボタンらしきく凹みがボディ下部に見えることです。

レンダリングでは、デバイスがLightning ポートを取得するか、USB-C に切り替えるかは明確ではありません。現在、通常のiPadは、Mini、Air、および Pro iPad が USB-C に移行している間、Lightning ポートが残っている唯一の iPad のままです。

最近のレポートで、9to5Macは USB-C を含めることを示唆する噂を主張しました。Apple による iPad の更新頻度の低下EUの決定によりモバイル バイスで必須のUSB-C に関しては、Appleが今年切り替えることは非常に理にかなっています。あまり友好的でない変更として、レンダリングはiPad の3.5 mm ヘッドフォン ジャックがなくなったことを示しています。子供のために購入するときに安価な有線イヤホンでお金を節約しようとしている親にとっては損失ですが、3.5mmヘッドホンジャックの時代はしばらく経っています.

背面には、LED フラッシュとペアになった1つのカメラが搭載されており、どちらも錠剤型のカメラ モジュールに格納されています。第 10 世代の iPad は、248.62mm (高さ) x 179.50mm (幅) x 6.98mm (奥行き) と言われています。比較すると、第 世代の iPadは250.6 x 174.1 x 7.5 mmの大きさです。これは、次のモデルがわずかに幅が広く、薄くなることを示しています。

仕様に関する限り、第10世代 iPadは10.5 インチのディスプレイを搭載すると予想されています。iPhone 12シリーズに同梱されたA14 Bionicチップセットが搭載される予定です。これは、Appleが 5Gサポートを非搭載にするだけでなく、コスを低く抑えることができることを意味します。

(via digitaltrends

Last Updated on 2022年8月5日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。