M2 MacBook Airの熱スロットルの問題は、Airに向かない作業を行ったときに発生

画像ソース:IDG

Appleの新しいMacBook Airのリリースは、主に 2 つの理由で非常に期待されていました。待望の再設計とAppleのM シリーズチップの次世代である M2プロセッサの導入です。予想通り、M2 MacBook Airのレビューは好意的でした。

しかし、MacBook Airに対する称賛は、パフォーマンスが低下したという報告によって影が薄くなっています。様々な記事が「深刻な」熱スロットリング、熱に耐えられないことについて警告し、ビデオの次から次へと新しいラップトップの問題点を示します。

これが問題です:私たちは以前にここにいたことがあります。新しい M1 MacBook Air が導入された 2020 年にさかのぼると、Intel チップよりも驚異的な速度の向上と、より激しいワークロードの下で適切な温度を維持するために必要なスロットリングで、注目を集めました。実際、Apple シリコンが登場する前から、熱は常に MacBook Air の問題でした。

MacBook Airにはファンが組み込まれていません。これはパッシブ冷却マシンです。つまり、アクティブに冷却するために特別なハードウェアを使用していません。これは、MacBook Airが MacBook Pro よりも薄くなるように、意図的に設計されています。MacBook Airが熱くなり始めると、適切な動作温度を維持するためにパフォーマンスが抑制されます。これは、MacBook Airの設計上の機能です。

MacBook Aiは、同社の最も手頃な価格のラップトップであるため、Appleの最も人気のあるラップトップ製品でもあります。対象となるユーザは、Web を遣い、iWork や Microsoft Officeなどの生産性向上アプリを使用し、エンターテイメントやオンライン会議のためにオーディオやビデオをストリーミングしたりする人たちです。最もストレスの多い作業には、Photos、iMovie、GarageBand、またはその他の消費者レベルの短期間のクリエイティブ ソフトウェアなどのアプリが含まれる可能性があります。

MacBook Air はこれらのタスクを問題なく処理します。同じM2プロセッサを搭載し13インチ MacBook Proと同じくらい高速です。Air の再設計と機能セットを追加し、13インチPro よりも価値があると考えています。

熱スロットルの原因は、カジュアルなユーザーが定期的に実行しないタスク、たとえば、8K Canon RAW ビデオのエクスポートなどやFinal Cut Proでの動画編集、高度な音楽製作などが含まれます。

MacBook Airは、高速なプロセッサを搭載しているとはいえ、ハイエンドの作業用マシンではありません。そのためにファンを内蔵したMacBook Proが存在しており、ファン無しのMacBook Airでは、CPUに付加をかける作業を行うこと自体に無理があり、熱スロットリングが起こるのは、ある意味、当然かも知れません。

(via Macworld

 

Last Updated on 2022年8月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。