チップ不足が続き、任天堂のSwitchの売上が落ち込む

任天堂は、世界的なチップ不足の結果、Switchの生産目標を達成するのに苦労し続けており、6月30日までの3か月で売上が23%近く減少し、343万台だったと同社は2022年8月3日に報告しました。

標準のNintendo Switchの売上は、第4四半期に 60%減少して 132万台になり、Switch Lite の売上は50% 近く減少して5 万台になりました。昨年 10 月に発売されたばかりの Switch OLED は、152万台の販売で不足分を補いました。ソフトウェアの売上も8.6%減の4,150万台弱でした。同社は、2023年3 月までの1年間で 2,100万台のSwitchを販売する予定です。

この四半期は、ゲームのリリースが少ない時期と一致しました。Nintendo Switch Sportsは 484万台でベストセラーとなり、続いてMario Strikers: Battle LeagueとKirby and the Forgotten Landがそれぞれ 191万台と 188万台でした。2017年4月に5年以上前にリリースされたゲームであるマリオカート 8 デラックスは、この四半期に148万本を販売しました。任天堂は現在、合計で1億1,100 万台を超えるSwitchコンソールを販売しており、マシンの古さにもかかわらず、「需要は依然として安定している」と述べています。

Bloombergは、これらの結果が任天堂の収益がアナリストの予測を下回ったことに貢献したと報告しています。営業利益は 1,017 億円 (約 7 億 6,400 万ドル) で、予想の 1,152 億円 (約 8 億 6,500 万ドル) を下回り、売上高は 3,075億円 (約 23 億ドル) で、平均的な見積もりは 3,321 億円 (約25億ドル) でした。

今四半期の売り上げが落ち込んだのは任天堂だけではありません。Sonyは先週、ソフトウェアの売上が 26%急落したことを報告し、年間利益予測を16% 下方修正しました。そしてそれは、任天堂の5年半前のSwitchと比較して、2年も経たないうちに真新しいコンソールをリリースした会社からのものです.。 市場調査会社NPDは今週、ビデオゲームに対する米国の支出が2022年第2 四半期に前年比で13% 減少したと報告しました。

(via BGR

Last Updated on 2022年8月3日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。