Linus Torvalds氏、arm搭載のM2 MacBook Air を使用して最新のLinux カーネルをリリース


画像ソース:TED

Appleシリコン Mac用 Linux ディストリビューションは、最新のM2ですでに稼働しています。
通常、Linuxカーネルの個々のリリースについては、あまり取り上げられません。これは、ほとんどの更新が日常的に行われるためです。

Linuxカーネルの更新は、いくつかのバグを解決し、既存のハードウェアのサポートを改善し、新しいハードウェアを見越していくつかの将来を見越した変更を行います。カーネルバージョン 5.19も例外ではありません。
しかし、このリリースについて、Linuxカーネルの作成者であるLinus Torvalds氏がリリースノートで言及している興味深いメモが 1 つあります。

「カーネルアップデートは、arm搭載のラップトップ、特にAppleのMacBook AirのM2搭載バージョンを使用してリリースされています。」

「それは私が長い間待ち望んでいたものであり、Asahiチームのおかげでついに現実のものとなりました」とTorvalds氏は書いています。

「私たちは長い間、Linuxを実行するためにarm 64のハードウェアを使用してきましたが、これまで開発プラットフォームとして実際に使用できるものはありませんでした」

Torvalds氏は、 Asahi Linuxの助けを借りて M2 MacBookでLinuxを実行しています。Asahi Linux は、 Appleのハードウェアのリバース エンジニアリングに取り組んできたディストリビューションです。Asahiチームの目標は、このすべての作業をメインのLinux カーネルに送り込み、すべてのディストリビューションが利益を得られるようにすることです。Asahiは、M2やM1 Ultraなどの新しい Appleシリコンがリリースされると、比較的迅速にサポートを追加してきました。 .

2020年11月、当時Torvalds氏は、当時の新しいM1バージョンのAirはArm Linuxラップトップとして「ほぼ完璧だろう」と書きましたが、「それをいじる時間はなく、それを行う企業と争う気もない」と述べていました。
ほとんどの Linuxユーザーにとって、Torvalds氏が現在、どのコンピューターを使用しているかは問題ではありません。また、Asahi Linuxはまだ大まかな初期の状態にあり、多くの機能が半分しか機能していないか、機能していない状態にあります。しかし、Asahiの開発者である Hector Martin氏が指摘しているように、「人々が.真の最新の arm 64プラットフォームでLinuxを使用し、最新バージョンの Arm命令セット使用したいと思っています。]

Linuxのarmバージョンを使用する人が増えるということは、すべてのディストリビューションに利益をもたらすarm関連のバグを修正する人が増えることを意味し、自分のソフトウェアでArm固有の問題を見つけて修正する人が増えることを意味します 。
Torvalds氏がメモに書いているように最終的には、ArmハードウェアでLinuxを使用するエクスペリエンスがすべての人にとって改善されるはずですが、これらの利点が揺らぐには何年もかかる可能性があります。しかし、Qualcommの今後の高性能armチップやMicrosoftのarmハードウェアとソフトウェアへの取り組みなどのハードウェアへの取り組みと相まって、 Arm搭載PCは、従来の Intelおよび AMD搭載 x86 PCに代わる、より魅力的で競争力のある代替品になる可能性があります。

また、注目に値するのは、Torvalds氏が、Linuxカーネルの5.20 リリースが最終的にバージョン6.0 になると考えていることです。これは、特定の機能の更新のためではなく、「再び大きな数字に混乱することを心配し始めている」ためです。カーネル バージョン 3.x および 4.xも、20 回目のリリース前後で次のメジャー バージョン番号にロールオーバーされました。

(via Arts Technica

Last Updated on 2022年8月2日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。