iPhone 14 の常時表示ディスプレイがすべての Android スマートフォンを上回る理由


画像ソース:9 to 5 Mac

今秋(おそらく9月末の)のiPhone 14 Proの発売により、Appleのスマートフォンラインが、Androidで何年も利用されてきた常時オンスクリーン機能をついに獲得することが、判明しました。

iOS 16の壁紙は、iPhone 14 Proの常時表示画面の動作を示す(関連記事)

iOS 16 の第 4 ベータ版の内部ファイルを閲覧した後、9to5Macは、iPhone 14 Pro の通常モードとスリープモードの間で壁紙が移行する方法を再現することができました。常時オンのディスプレイを備えた Android デバイスは、アイドル状態のバージョンでは壁紙を完全にオフにして黒い背景を表示する傾向がありますが、14 Pro はもう少し楽しく、はるかにAppleらしいことを行います.

Apple Watch (2019 年のSeries 5の発売で常時オンの機能を獲得した) で利用可能な多くの文字盤の場合と同様に、Apple は落ち着いた色と低輝度の各壁紙のカスタム スリープ バージョンを苦労して作成するようです。

消費電力が少ないこと。また、アニメーションや画面上の要素も少なくなります。おそらく、時計といくつかのウィジェットだけです。

もちろん、Apple Watchと同様に、画面をタップするか電源ボタンを押すと、通常のロック画面やホーム画面の完全に明るい色とアイコンが元に戻ります。

これらの動作はiOS 16で発見されていますが、そのオペレーティング システムをインストールできる現在の多くのデバイスでは利用できないことを繰り返し述べておく価値があります。常時表示機能は、iPhone 14 Pro および Pro Max 専用の新機能の 1 つです。新しいiPhone 14でさえ搭載は除外されます。

(via MacWorld

Last Updated on 2022年7月31日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。