【スペースサイエンス】心配されていた中国の制御不能なロケットはインド洋に墜落


画像ソース:@Nazri sulaiman

以前、お伝えした中国の制御不能な長征 5B ロケットは、インド洋上空で地球の大気圏に再突入し、ボルネオ島のマレーシアの州であるサラワクの近くのどこかに着陸した。

米国宇宙軍は、 2022年7月30 日、米東部標準時午後12 時45 分にロケットの再突入を確認しましたが、破片がどこに着陸したかは不明のままです。中国の有人宇宙局は微博の翻訳投稿で、ロケットは同じ地域の近くに再突入し、そのほとんどが落下途中で燃え尽きたと述べた。

ロケットがどこに着陸するかについての不確実性は、世界中に事案を与えました。
7月24日、中国は長征5B ロケットを使用して、実験モジュールを未完成の天宮宇宙ステーションに打ち上げました。ほとんどのロケットとは異なり、長征5B は、ペイロードを運ぶ際に第1 段を軌道に投入します。長さ100フィート以上、重さ22トン以上のこの破片は、地球に衝突するまで少しの間地球を周回し、その動きを制御する方法はありません。

ロケットがメキシコからアフリカの南端までどこにでも着陸すると予測されていたため、先週、ロケットがどこに着陸するかについての不確実性が世界中を心配させました。2020 年、中国は長征5B を使用して、天宮のコア モジュールを宇宙に運びました。ロケットの破片がコートジボワールに着陸し、負傷者は報告されていませんが、構造的な損傷がいくつかありました。昨年、中国は長征5号Bに搭載された最初の実験モジュールを打ち上げ、その破片はインド洋に飛び散りました。

このような中国の無責任なロケット打ち上げに伴うブースターの無制御な落下は、世界中から非難されています。

関連記事:【スペースサイエンス】地球に落下する制御不能な中国のロケット

(via The Verge

Last Updated on 2022年7月31日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。