匿名ブラウザ「Tor」とロシア当局との戦い

何年もの間、匿名サービスTorは、オンラインでプライバシーを維持し、Webサービス遮断をかわすための最良の方法でした。

政府や法執行機関を大いに怒らせたのは、Torが Web トラフィックを暗号化し、一連のコンピューターを介して送信することで、人々がオンラインであなたを追跡することを非常に困難にしていることです。

独裁国家のな政府は、それを彼らの延命に対する特別な脅威と見なしており、ここ数か月、ロシアはTorをブロックすを強化していますが、Tor側に戦う方法がないわけではありません.

2021 年 12 月、ロシアのメディア規制当局である Roskomnadzor は、インターネット サービス プロバイダー (ISP) に対して、TorブラウザーをダウンロードできるTorプロジェクトの Web サイトをブロックし、その Web サイトへのアクセスを制限するよう命じることを可能にする 裁判所命令を出しました。

Tor をブロックしようとするロシアの取り組みには、技術的なものと政治的なものの 2 種類があります。これまでのところ、Tor は両方の面である程度の成功を収めています。ロシアによるブロックの取り組みを回避する方法を見つけ、今月、法的な異議申し立てを受けて、ロシアのブロックされたWeb サイトのリストから削除されました。(ただし、ブロックの取り組みがすぐに終了するわけではありません。)

ロシアでは、インターネット インフラストラクチャは比較的分散化されています。ISP は Roskomnadzorからブロック命令を受け取ることになっても、それを実装するのは個々の企業次第です。(中国は、Tor を効果的にブロックした唯一の国です。

これは、より集中化されたインターネット コントロールによって可能になりました)。ロシア当局は、ディープ パケット インスペクションを使用してオンライン サービスを監視およびブロックする新しい機器を設置していますが、これらのブロックの効果はまちまちです。

Torのデータによると、2021 年末以降、ロシアでは Tor に直接接続する人の数が大幅に減少しています。ただし、人々は、ボランティアが運営するブリッジ(詳細が公開されていないため、簡単にブロックできないネットワークへのエントリ ポイント) と、Tor の検閲対策ツールであるSnowflakeを使用して、そのサービスに接続できます。

インターネット監視グループ Open Observatory of Network Interference の外部データによると、ロシアで Snowflake を使用して Tor にアクセスする人々が急増しています。

2 月にロシアがウクライナと戦争を開始して以来、ロシア当局はインターネットを管理するための一連の新しい法律を導入し、市民社会団体を弾圧してきました。NGO Access Now の技術法律顧問である Natalia Krapiva 氏は、ロシアが Tor をブロックしているのは、クレムリンの VPN取り締まりなど、人々の情報へのアクセスを制御するためのより大きな取り組みの一環であると述べています。「ロシアは、戦争とロシア国内で何が起こっているかについて、真実の代替情報源を排除しようとしています」とクラピバは言います。これは、人々が行動を変えたり、自己検閲したりする「身も凍るような効果」につながります。「特定の措置は、たとえそれが直接ブロックしたり検閲したりしなくても、報復への恐怖と後で起こる結果への恐怖を生み出します。」

Tor’s Snowflake に対して 2 つの重大なインシデントが発生したとNGO Access Now の技術法律顧問である Natalia Krapiva 氏は言います。最初は12 月に発生し、10 日以内に修正されました。2 つ目は、今年5 月に発見された直後にパッチが適用されました。「彼らはさまざまな方法で Snowflake をブロックしていました」と Gus氏は言います。

Snowflake に対するこれらの攻撃には、多くの場合、ブラウザやインターネット接続に関する細部を使用して、誰かが使用しているテクノロジを一意に識別しようとするフィンガープリンティングが含まれます。たとえば、ブラウザが外部ソースに接続する回数によって、他のブラウザより際立っている場合があります。Snowflake を特定できれば、ブロックしやすくなります。

Gus氏は、検閲の取り組みの一部は手作業で行われていると主張しています。「彼らが手動で行っているという証拠がいくつかあります」と彼は言います。
先週リリースされた Tor ブラウザーの最新バージョン11.5では、ユーザーが場所に基づいて検閲を自動的に回避できるようにする新機能が導入されています。Tor がブロックされている方法を回避するための更新プログラムを発行することに加えて、非営利テクノロジー組織は、ロシアの人々から直接情報を収集しています。

Tor をブロックしようとするロシアの取り組みは、自国の国境内だけに限定されているわけではありません。ヘルソン市など、占領下のウクライナの一部の地域では、ウクライナのインターネット接続がロシアのネットワークを介して再ルーティングされており、検閲と監視が行われています。

ロシアと占領下のウクライナの両方で Tor にアクセスできれば、ロシア政府が管理していないニュースや情報にアクセスできるようになります。ロシアのデジタル著作権グループ Roskomsvoboda の法務責任者である Sarkis Darbinyan 氏は、2 月のウクライナへの本格的な侵略以来、ロシアでは 5,500 以上の Web サイトがブロックされていると述べています。「ロシアのユーザーが真実の情報にアクセスするには、侵害された権利を迅速かつ効果的に回復できる VPN や Tor などのツールが不可欠です」と Darbinyan 氏は言います。

彼らが持っているテクノロジーは、いくつかのものをブロックするのに非常に効果的である可能性がありますが、100% 効果的ではないことをまだ確認しています。実際に、Tor が完全にブロックされるかどうかは、正直言って疑問です。しかし、法的には、彼らは再試行し、最終的に成功する可能性があると思います。

(via Wired

Last Updated on 2022年7月30日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。