iOS 16の壁紙は、iPhone 14 Proの常時表示画面の動作を示す


画像ソース:9 to 5 Mac

今秋にiPhone 14 Proが発売されると、AppleのスマートフォンラインがAndroidで長年利用されてきた常時オンの画面機能を獲得することになるのではないかと噂されています。iOS 16での壁紙での発見は、その機能がどのように動作するかを示しています。

iOS 16の4番目のベータ版の内部ファイルを閲覧した後、iPhone 14 Proで壁紙が通常モードとスリープモードの間で移行する方法を再現することができました。常時オンのディスプレイを備えたAndroidデバイスは、アイドルバージョンで壁紙を完全にオフにし、背景を黒く表示する傾向がありますが、14 Proはもう少し楽しく動作します。

Apple Watchで利用可能な多くの顔(2019年のシリーズ5の発売で常時オンの機能を獲得した)の場合と同様に、Appleは各壁紙のカスタムスリープバージョンを落ち着いた色と低輝度で丹念に作成するようです。消費電力が少ないこと。また、アニメーションや画面上の要素も少なくなります。おそらく、時計といくつかのウィジェットだけが表示されます。

昭代iPhoneに搭載されたカクレクマノミの壁紙が、iOS 16で復活しますが、スリープバージョンは、通常よりもミュートされているため、電力消費が少なくなっています。

もちろん、通常のロックまたはホーム画面の完全に明るい色とアイコンは、Apple Watchの場合と同様に、画面をタップするか電源ボタンを押すとすぐに戻ります。

(via MacWorld

Last Updated on 2022年7月29日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。