データセンターの電力需要により、ロンドンでの住宅新築が困難に!


画像ソース:Amazon AWS

データセンターの電力需要は驚異的なものになる可能性があり、大規模な施設では数万世帯分もの電力を使用します。現在、ロンドンの一部では、これらのエネルギー要件により、デベロッパーが新しい家を建てることができなくなっています。

ロンドンの地方自治体(グレーターロンドンオーソリティGLA)から住宅開発業者に送られた手紙を共有したフィナンシャルタイムズのレポートによると、この問題はロンドン西部の3つの区、イーリング、ヒリンドン、ハウンズローの新しい開発に影響を及ぼしています。

GLAは、ロンドン西部の電力供給網はに限界に達していると述べ、ある開発者には2035年まで新しい接続に電力容量が不足する可能性があると語りました。

重要なのは、 M4回廊(イングランド〜ウェールズ)沿いにあるデータセンターの電力需要です。これは、ロンドンの西を走るM4高速道路に隣接する一続きの土地であり、マイクロソフト、オラクル、LG、ファーウェイ、アマゾン、デルのキャンパスを含む多くのテクノロジー企業の本拠地です。

GLAはその書簡の中で、「データセンターは、サーバーに電力を供給し、サービスの回復力を確保するために、町や小都市に相当する大量の電力を使用している」と述べています。このボトルネックによってブロックされた住宅プロジェクトの数は明らかではありませんが、FTは、影響を受けた3つのロンドン特別区が市の住宅供給の約11%を占めていると述べています。

データセンターの電力需要は、企業がより多くの処理およびストレージ操作をクラウド操作に切り替え、気候変動による温度上昇が施設の冷却システムに負担をかけるため、将来的に増加する可能性があります。

たとえば、今月初め、英国が記録的な熱波を経験したとき、気温の上昇により、オラクルとグーグルが運営するロンドンのいくつかのデータセンターがノックアウトされました。英国は長年にわたって慢性的な住宅供給不足に苦しんでおり、この問題は国の最大の課題の1つとして継続的に議論されています。

(via The Verge

AppleやGoogleは、データセンターで使用する電力を再生可能エネルギーに切り替えつつありますが、再生可能エネルギーは供給が不安定であり、さらに地球案檀家による猛暑が、ベースロードになる安定した電力供給に大きな負荷をかけています。

Last Updated on 2022年7月28日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。