Kuo氏:iPhone 14は、リアカメラのレンズのひび割れに関する品質管理の問題に直面

Appleのアナリスト、Ming-Chi Kuo氏は本日、Twitterで、AppleはiPhone 14のリアカメラレンズの品質管理の問題に直面しいると述べています。

これはレンズのコーティングが原因で一部のレンズにひびが入っていると述べました。この問題により、AppleはiPhone 14カメラの注文を別のサプライヤに再割り当てし、今秋後半のデバイス出荷への影響を軽減しています。

Kuo氏は、新しいサプライヤーが、この問題に対処したおかげで、iPhone14の出荷への影響は最小限になるだろうと語りました。iPhone 14の出荷台数はiPhone13よりも多いと予想されており、 Samsungは今年の第3四半期に8000万台のiPhone 14ディスプレイの出荷を準備していると報じられています。

6.1インチiPhone14、6.7インチiPhone 14 Max、6.1インチiPhone 14 Pro、6.7インチiPhone 14 Pro Maxを含むiPhone14シリーズの量産は、8月に開始される予定です。

9月に発売される見込みでiPhone 14は、ハイエンドモデルは、注目に値するアップグレードになると予想されており、ノッチに代わる新しいピンホール型の穴、48 MPのリアカメラ、より高速なRAM、常時オンのディスプレイが特徴であるとの噂があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年7月27日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。