DDR5メモリ、新しいベンチマークでIntel Raptor Lake CPUマルチコアパフォーマンスを約20%向上させる


画像ソース:Intel

Intelの第13世代Raptor Lakeプロセッサは、 DDR5およびDDR4メモリを採用しています。DDR5は、予備的なベンチマークは、前者が新しいハイブリッドデスクトップチップのパフォーマンスを最大化するのに優れていることを明らかにしています。

最近の噂によると、Intelは10月7日にRaptorLakeを発売日を設定するという情報が流れています。最初のロールアウトには、 Core i9-13900K、 Core i7-13700K 、 Core i5-13600KなどのハイエンドKシリーズSKUが、最上位のZ790チップセットと組み合わせて含まれます。仕様に関する公式の確認情報はありませんす。

Core i7-13700Kは、8つのRaptor Cove Performanceコア(Pコア)と8つのGracemont Efficiencyコア(Eコア)で構成される16コアプロセッサーです。Raptor Lakeチップには30MBのL3キャッシュもあり、3.4GHzのベースクロックと5.3GHzのブーストクロックをサポートしていると報告されています。

最近のGeekbench 5のパフォーマンス情報では、Corei7-13700KがAMDの主力製品であるRyzen95950Xよりも優れていることを示しました。ただし、DDR4メモリは、RaptorLakeチップのパフォーマンス抑制しています。

DDR4システムを搭載したCorei7-13700KはASRockZ690Steel Legend WiFi 6Eを使用しましたが、DDR5テストベッドはZ690 Steel Legend WiFi 6E/D5を使用していました。

2つのマザーボードは、メモリスロットを除いて同一です。DDR4システムはDDR4-3200メモリを使用し、DDR5システムはDDR5-5200メモリを使用しました。

これはRaptorLakeでサポートされているネイティブのデータレートです。Geekbench 5のエントリから、両方のシステムに32GB(2x16GB)のメモリがあることがわかります。したがって、結果は同等です。残念ながら、Geekbench 5では、メモリモジュールのモデルやタイミングなどの詳細については説明していません。したがって、16GBDDR4メモリモジュールがシングルランクかデュアルランクかを知ることはできません。

Core i7-13700K + DDR5-5200 2,069 19,811とCore i7-13700K + DDR4-3200 2.090 16,542のベンチマーク結果は、DDR5がシングルコアのパフォーマンスの点でCorei7-13700Kに対してあまりアドバンテージがないことを示しました。DDR5システムはDDR4システムよりも1%低速でしたが、許容誤差の範囲内です。ただし、DDR5システムは最大20%高いマルチコアパフォーマンスを実現しました。これはかなり重要なパフォーマンスの差です。

DDR5の価格は改善されています。DDR5とDDR4の間の価格差は、最終的には時間の経過とともに小さくなりますが、DDR5がDDR4と同じコストになる可能性はほとんどありません。前者は製造コストがはるかに高く、パワーマネジメント集積回路(PMIC)やVRMなどのコンポーネントが追加されたより複雑な設計が特徴です。

(via tom’s Hardware

Last Updated on 2022年7月25日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。