Apple Watchが致命的な隠れた腫瘍を発見し、メイン州の女性の命を救う

Apple Watchには、過去何年にもわたって命を救うことが証明されている多くの貴重な健康機能があります。さて、最新の例は、Apple Watchの心臓の健康機能が、検出されない場合に致命的となる可能性のある隠れた健康問題をどのように発見できるかについての出来事です。

CBS Newsの報告によると、今年の5月、Kim Durkee(キム・ダーキー)氏は、Apple Watchから2晩続けて警告が表示され、心臓が心房細動を起こしていることを警告しました。

最初、彼女はApple Watchが誤読をしていると思っていましたが、その後、別の警告が表示されました。

結局のところ、それは確かに心房細動であり、原因は未知の攻撃的な腫瘍でした。

「メイン州の医師は、恐ろしい理由で彼女の心臓が不規則に鼓動していることをすぐに確認しました。彼女は粘液腫を患っていました。これはまれで、急速に成長する腫瘍で、心臓の血液供給が妨げられ、最終的には脳卒中を引き起こしていました。」

Apple Watchの警告により、医師は彼女をマサチューセッツ総合病院に連れて行くことができ、そこで5時間の開心術中に致命的な腫瘍を取り除きました。

非常に注目すべきことに、Durkee氏には、Apple Watchが捉えた心房細動以外の症状はありませんでした。4センチメートルの急速に成長する腫瘍は、発見されなかった場合、「ほぼ確実に」彼女を殺したと予想されていました。

Durkee氏は回復していて、Apple Watchは「本当に私の命を救った」と言っています。CBS Newsは、彼女が「彼女の話を聞いた後、Apple Watchを購入した多くの人から連絡を受けた」と述べています。

(via 9 to 5 Mac

 

Last Updated on 2022年7月20日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。