ロシア規制当局は「禁止された」コンテンツ公開したYouTubeに3億6500万ドルの罰金を請求

ロイターが以前に報告したように、ロシアは、国の法律に違反するYouTube動画を削除しなかったとして、Googleに3億6500万ドル近くの罰金(211億ルーブル)を課しました。ロシアの通信規制当局であるロシア連邦通信・情報技術・マスコミ分野監督庁は、翻訳されたプレスリリースで、「過激主義とテロリズムを助長する」動画や、ウクライナでの戦争に関する誤った情報を含む「禁止されたコンテンツ」を削除する命令にYouTubeが従わなかったと述べています。

今年の3月、ロシア連邦通信・情報技術・マスコミ分野監督庁は、「違法な」YouTube動画の削除に失敗したことで、Googleに罰金を請求すると脅迫し、罰金は800万ルーブル(当時は約94,675米ドル)から始まり、Googleの年間収益の20%に達する可能性があると述べました。

今回、報道された211億ルーブルは、国内でのGoogleの年間売上高の大部分を反映していますが、Googleが実際に罰金を支払うかどうかは不明です。

Googleは5月にロシアの事業を閉鎖する計画を発表し、政府当局がロシアの資産を押収し、子会社の機能を維持することは「不可能」であると述べました。検索の巨人のロシアの子会社は先月正式に破産を申請しました。

昨年12月、ロシアは禁止されたコンテンツの削除に再び失敗したとしてGoogleに1億ドルの罰金を科しましたが、ロシアがウクライナに侵入した後、事態はエスカレートしました。他の多くのテクノロジー企業と同様に、Googleはロシアの顧客をさまざまなサービスから切り離し、Googleでの広告の販売を一時停止し、ロシアの国営メディアが所有するYouTubeチャンネルを収益化し、それらのチャンネルへのアクセスを禁止しました。

(via The Verge

Last Updated on 2022年7月19日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。