【宇宙サイエンス】スペースデブリ落下によって人間が死ぬ可能性は、今後10年間で最大10%の確率


画像:NASA

地球の周回軌道上に存在する大量のスペースデブリが地球上の人間を傷つけたり殺したりする確率を計算するために、ブリティッシュコロンビア大学の研究者は、公共の衛星カタログからの30年以上のデータを調べました。彼らはまた、制御されていないロケット本体の再突入率、既知のスペースデブリの軌道、および人口データのデータセットを追加しました。

研究の筆頭著者である大学の政治学部の教授であるマイケル・バイヤーズ博士は、彼のチームの分析は、個人が地面の破片にぶつかる可能性にのみ対処し、飛行中の飛行機に衝突する破片。そして研究者によると、この破片の多くは比較的大きいかもしれません。

「平均的な洗濯機の質量を持つものもあれば、最大20トンの質量を持つものもあります」と、学際的研究の博士課程の学生である共著者のEwan Wrightは述べています。「これは、大気中で燃焼する物質の量に影響します。」

研究者は、リスクは非常に低いものの、宇宙から地球に衝突する破片、さらにはかなりの破片が発生することを認めています。たとえば、長征5号のロケットからの長さ12メートルのパイプがコートジボワールの村に衝突し、「建物に損傷を与えた」という2020年の事件を指摘しています。

「これまでのところ、リスクは打ち上げごとに評価されており、リスクは非常に小さいため無視しても安全であると人々に感じさせています」と、研究の共著者である物理学部の准教授であるアーロン・ボーリー博士は述べています。

幸いなことに、研究の著者は、前進する脅威を最小化または排除するための経路を含む、希望があると言っています。
「現在、ロケット本体を安全に海の遠隔地に誘導するために、再点火するエンジンや追加の燃料を使用するなど、このリスクを大幅に取り除くことができる技術とミッションの設計が存在します」「しかし、これらの措置には費用がかかり、現在、企業がこれらの変更を行うことを義務付ける多国間協定はありません。」とバイヤーズ博士は述べています。

(via The Debrief

 

 

Last Updated on 2022年7月18日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。