AppleのMagic Mouseが嫌いならば、「Logitech MX Anywhere 2S」を試してみるべき?

ほとんどの人にとって、Logitech MX Masterシリーズの入力デバイスは地球上で最高のものの1つであり、正しいかもしれないと主張するでしょう。それらの追加のボタン、カスタムジェスチャなどの特別な機能、および長いバッテリ寿命により、人気があります。

今回は、Logitech MX Anywhere 2Sについて話しています。これは、今日わずか47.97ドルで購入できるマウスです。

このマウスは、より大きサイズのLogitech製マウスが提供するものの多くを備えていますが、より小さなパッケージになっています。Logitechや他の人はそれをラップトップマウスと呼ぶかもしれませんが、それは実際にはそれがMXマスターであるモンスターよりも小さいことを意味します。

では、MX Anywhere 2Sは何を提供する必要があるのでしょうか?キックオフは、4,000DPIダークフィールドセンサーです。その名前はあまりわかりませんが、実際には、このマウスはほぼすべての表面と任意の角度で使用できることを意味します。醜いマウスパッドなしでは他のマウスが動作しないガラスの机を手に入れましたか?このことは、まるで魔法のように、喜んでそのことをします。

魔法といえば、部屋の中の象について話してもらえますか?AppleのMagic Mouseは、率直に言って、ひどいものです。それは低すぎ、遅すぎ、ボタンがひどく不足していて、Lightningポートは犯罪です。そういえば、Logitech MX Anywhere2SはUSBを使用して充電します。また、使用中に充電することもできます。革命的です、私は知っています。

Logitechによると、このことは1回の充電で最大70日間続くとのことなので、頻繁に充電する必要があります。私はそれもかなりの場所にあることを発見しました。

さらに、Anywhere 2Sは「超高速スクロール」機能を備えています。これは、必要なときにWebページやPDFをフラッシュのように表示できることを意味します。より正確なスクロールオプションもあります。

(via iMore

Last Updated on 2022年7月15日 by Editor

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。