Apple、元デザインチーフのJony Ive氏とのパートナーシップを契約を終了

The New York Timesによると、元AppleデザインチーフのJony Ive氏とは2019年にアップルを去って以来、彼のLoveFromというデザイン会社を通じてコン​​サルタントとして会社で働き続けてきましたが、AppleとIve氏のパートナーシップ契約は終了しました。

Ive氏は、30年以上の関係を終わらせました。Iveは、 iPhone、Apple Watch、Mac、Apple小売店などの設計など、Appleの最大の製品のいくつかを担当してきました。

Ive氏は、独自のデザイン会社を設立することを目的として、2019年6月にAppleを離れることを発表しました。当時、Ive氏は、Appleが彼の主要なクライアントの1つであり、Ive氏は引き続き設計作業を行うと述べていました。それ以来、Ive氏は24インチのiMacやその他の製品に取り組み、さらにApple Carの設計に関する指導を提供してきました。

Ive氏がAppleを退社とき、Appleは彼と1億ドル以上の価値のある複数年契約に署名した。この条件の下でAppleはLoveFromの主要なクライアントでしたが、Ive氏はAppleが競争力があると感じたプロジェクトに取り組むことが制限されました。

Ive氏とAppleは今後も契約を更新する予定でしたが、契約を延長しないことを決定しました。伝えられるところによると、Appleの幹部は、Appleの幹部がIve氏に支払っている金額に疑問に思っており、AppleのデザイナーがLoveFromに転職していることに不満を感じているとも言われています。一方、Iveは、Appleとの仕事をクリアすることなく、自分のクライアントを自由に選択できることを望んでいました。

噂によるとIve氏は、Cookが製品開発プロセスにほとんど関心を持っていないと感じたと言われており、Appleの取締役会には、テクノロジーではなく財務と運用のバックグラウンドを持つ取締役がいることに不満を感じていたと言われています。

今後、工業デザインは引き続きEvans Hankeyが主導し、ソフトウェアデザインはAlan Dyeが主導しています。Appleのマーケティング責任者であるGreg Joswiakも、製品デザインの選択において中心的な役割を果たしていると言われています。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年7月13日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。