Apple、ロシア当局が要求する国内ユーザーのiCloudデータをロシア国内に保存することを拒否!

ロシア当局がAppleがロシア市民に関連するユーザーのiCloudデータを国内に保存することを要求している。Interfaxのニュースレポート(ロイター経由)によると、Appleはこれをを拒否しているようです。

裁判所は、違反したとしてAppleに200万ルーブル(約34,000ドル相当)の罰金を科しました。ロシアの裁判所は、国がウクライナに侵攻してから数か月の間に、コンテンツの検閲とデータ管理の問題をめぐって(主に米国を拠点とする)大手ハイテク企業と衝突してきました。

Appleは、ユーザーデータを物理的にロシア国内に保存するというロシアの要求に応じていませんが、中国では、中国当局と協力して中国国内でのデータ保存を進んで行っています。

Appleは、世界中で約12の独自のデータセンターを運営しています。iCloudデータは、Google Cloud( AppleはGoogleの最大のクラウド顧客であり、プラットフォームに8エクサバイトを超えるデータを保存している)やMicrosoft Azureなどのサードパーティのクラウドストレージサービスにも保存(暗号化)されます。

2016年の現地法の変更に伴い、Appleは現在、GCBDが運営する中国のデータセンターですべての中国のユーザーiCloudデータをホストしており、一部は国営のChina Telecomのクラウドサービスを使用しています。Appleは、そこに保存されているデータの暗号化キーを管理していると主張しており、中国政府はアクセスできません。

それにもかかわらず、Appleはプライバシー擁護派から中国国内でのデータ保存の決定について繰り返し批判されてきました。彼らは地理的に近いことは中国政府がiCloudデータ通信を傍受するのを容易にするのに十分であると主張している。

Appleがロシアに反対している理由の1つは、ロシアがAppleにとって容認できない管理ポリシーを要求した可能性があります。Appleはまだこの報告についてコメントしていません。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月12日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。