イーロン・マスク氏、公式にTwitter買収を取り止め

今年の4月にTeslaのCEO、イーロン・マスク氏が、ツイッターを440億ドルの取引で購入すると発表しました。しかし、多くの論争の末、1か月後に取引は保留にされた。現在、イーロン・マスク氏はツイッターの取引を正式に撤回したようだ。彼は正式にツイッターを買収しないことを会社に通知した。

Bloombergが報じたように、マスク氏は金曜日にTwitterに手紙を送り、会社との「合併契約を終了する」ことを確認した。彼はまた、Twitterは「契約上の義務を遵守していない」と述べた。その結果、Twitterは億万長者に買収されなくなりますが、次に何が起こるかは不明です。

マスクがTwitterを購入する意向を確認する前に、彼はすでにソーシャルメディアプラットフォームに30億ドル近くを投資しており、これにより彼は会社の株式の約10%を手に入れました。数週間後、ツイッターは今年後半に完了すると予想されていた取引でマスクの申し出を受け入れた。

しかし、取引が発表された直後、マスクは(前大統領のトランプ氏のアカウントを削除するなど)「絶対的な言論の自由」を許可していないことでTwitterを常に批判してきたため、ニュースに対するほとんどの反応は正確には肯定的ではありませんでした。

マスク氏とTwitterの間で物事はうまくいっていなかった。億万長者は、スパムや偽のTwitterアカウントの数に不満を持っていたため、取引を保留にしました。

同時に、いくつかの報告は、これがマスク氏がもはやプラットフォームを購入しないための単なる言い訳であると示唆しました。マスク氏は買収の余裕がないと信じている人もいれば、会社に低価格を支払うためにTwitterの価値を下げようとしていると示唆する人もいました。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月9日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。