Bloombergのガーマン氏:Apple Watch Series 8は、体温センサーを搭載

Apple Watch Series 8は、今年後半に発売されるときに、ユーザーにとって少なくとも1つの嬉しい機能を備えています。それは体温センサーです。PoweOnでの彼の報告で、ガーマン氏は、Apple Watch Series 8と新しい頑丈なエディションの両方が体温検出機能を備えていると述べています。一方、Apple Watch SE 2はこの機能を利用できない可能性があります。

体温機能は、額や手首の体温計のように特定の測定値を提供しませんが、熱があると信じているかどうかはわかるはずです。

Apple Watch Series 8に新しいセンサーが登場するのはエキサイティングですが、それらのほとんどはFDAの承認が必要であることに注意することが重要です。今のところ、今年後半に登場する体温センサーの機能は、血中酸素センサーに似ているようです。これにより、体に何が起こっているのかがわかりますが、必ずしも医療情報が得られるとは限りません。

FDAが承認した(そして世界中の他の機関によって承認された)ECGアプリを除いて、AppleはAppleWatchがあなたの血液中の酸素を本当に測定できることを宣伝することはできません

ガーマン氏は、他のハードウェアの変更は「おそらく」少ないと述べています。先週報告されたように、Apple Watch Series 8は、Apple Watch Series 6で利用可能な同じS6チップを搭載していると噂されており、これは3年連続で同じプロセッサを搭載した最初のApple Watchになります。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年7月4日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。