Apple M2チップの厳しい熱スロットリングは、MacBook Airのパフォーマンスに影響か?

新しいM2 MacBook Proは、冷却ファンを搭載していても、かなり熱くなりなります。ファンのないM2 MacBook Airにとって、発熱は厳しい環境を生じさせます。

Appleの新しいM2プロセッサを実行しているリリースされたばかりのMacBook Proは、一般的に優れたパフォーマンスを提供しますが、デバイスで行われたテストによると、その単一のファンは、特定の条件下での厳しい熱スロットリングを止めることはできませんでした。

まもなく発売されるMacBook AirもM2チップを使用しており、ファンはまったくありません。それがどの程度の熱スロットリングを経験するかはまだわかっていませんが、それは重要である可能性があります。

多くのMacプロセッサは、要求の厳しいタスクを長時間実行するように求められると、熱くなります。その場合、これらのチップは、熱スロットリングと呼ばれる過熱を防ぐために遅くなります。

YouTubeチャンネルのMaxTechがノートブックをテストし、ホストのVadim YuryevがTwitterで、「Appleの新しいM2 MacBook Proで深刻な熱スロットリングを発見しました」と報告しました。

通常の条件下では、テストにより、M2がM1よりもパフォーマンスが向上することが示されています。Engadgetによって行われたプロセッサのベンチマークは、Geekbench5マルチコアテストで8,984スコアを示しました。これは、同じテストで2020 MBPの元のM1よりも25%高速です。

2022 MacBook AirはMacBook Proほど強力なパワーはありません
7月に発売されるMacBookAirは、MacBook Proと同じM2プロセッサを使用しています。ただし、その洗練されたデザインにはファンのスペースがないため、状況によっては動作が遅くなる可能性があります。

MacBook Airでは、ファンがない代わりに、M2のパフォーマンスを調整する必要があります。これにより、Airは、プロセッサに長時間の重い負荷をかける非常にタスクに適さなくなることはほぼ間違いありません。

元々Airシリーズはノートブックから最高のパフォーマンスを必要とする人々のために設計されていません。

Max Techのテストによると、M2はWebブラウジングで並外れており、電子メール、ワープロおよびMacBook Airを購入する必要のあるその他の基本的なタスクに問題はないはずです。

(via Cult of Mac

Last Updated on 2022年7月1日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。