ディスプレイアナリスト、120HzのProMotionディスプレイを搭載したiPad mini 7 の噂を否定

Appleが120HzのProMotionを搭載したiPad miniをリリースすることを示唆する大ざっぱな噂が先日、アジアのメディアで復活しましたが、ディスプレイ業界アナリストはすでに懐疑的な報告に反応しています。

噂についてのMac ObserverのJeff Buttsからの質問にTwitterで応えて、Display Supply Chain Consultants(DSCC)のアナリストRoss Youngが、噂を否定しました。

Appleは現在、‌iPad mini ‌6画面にa-SiLCDバックプレーンテクノロジーを使用しています。A-si(アモルファスシリコン)は、低コストで比較的単純な製造プロセスであるため、ディスプレイ市場で頼りになるディスプレイ技術です。


対照的に、AppleのiPad ProモデルはOxide LCDパネルを使用しているとYoung氏は述べています。最も人気のある「GZOの1つであるOLCDテクノロジーは、より高いコントラスト、リフレッシュレート、および解像度を提供する能力のために、プレミアムスマートフォン業界で好まれています。

LCDディスプレイは行ごとに更新されるため、上部の行と下部の行が更新されるまでにわずかな遅延があります。これはLCD画面の通常の動作ですが、‌‌iPadmini‌‌で観察するとより明確に表示されるます。

(via MacRumors

Last Updated on 2022年6月29日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。