Apple Watch Series 8は新しい低電力モードを搭載!?

Bloombergのジャーナリストであるマーク・ガーマン氏は、AppleがwatchOS 9の新しい低電力モードに取り組んでいたことを彼自身の情報源に基づいて報告しました。今回、低電力モードが新しいApple Watch Series 8専用になると主張しています。

最新のPowerOnニュースレターで、 Gurmanは、今年後半に新しいLow Powe rModeが登場することをまだ期待していることを明らかにしました。ただし、watchOS 9の機能ではなく、新しい低電力モードがApple Watch Series 8の新機能の1つとして発表される予定です。これは今年後半に導入される可能性があります。

現在のAppleWatchモデルには、すでに「パワーリザーブモード」と呼ばれる機能があります。ただし、この機能はほとんどすべてのApple Watch機能をオフにし、バッテリー寿命を節約するための時間を表示するだけです。これは緊急時に機能しますが、ユーザーはアプリやその他の機能にアクセスするためにApple Watchを再起動する必要があります。

ガーマン氏によると、新しい低電力モードにより、ユーザーは電力をあまり消費せずにApple Watchのアプリと機能を使い続けることができます。これは、iOSおよびmacOSですでに利用可能な低電力モードと同様に機能するはずだとのことです。このモードは基本的にバックグラウンドアクティビティを一時停止し、デバイスのパフォーマンスを低下させてバッテリー寿命を節約します。

ただし、Apple Watch Series 7と同じチップを維持すると噂されているため、Appleがこのオプションを新しいAppleWatchモデル専用に利用できるようにする理由も不明です。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年6月28日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。