Apple、折りたたみ式デバイスのセカンドディスプレイとして使用するカラーe-inkディスプレイ技術をテスト中

AppleのアナリストMing-Chi Kuoによると、Appleは将来の製品にカラーe-inkディスプレイを使用することを検討しています。Kuo氏によると、カラーe-inkは、折りたたみ式フォームファクターデバイスで低電力のセカンドスクリーンエクスペリエンスを実現するのに特に適しています。

もちろん、Appleは現在、折りたたみ式iPadの設計を検討しているという噂が続いていますが、折りたたみ式は、まだ製造していません。

Kuo氏が示しているのは、e-inkが外向きのディスプレイとして機能し、展開せずに折り畳み式のユーティリティを活用したいユーザーに、低電力のアクセサリ画面エクスペリエンスを提供することです。

たとえば、Samsung Galaxy Z Foldは、6.2インチのAMOLEDカバーディスプレイを備えているため、デバイスは閉じた状態で標準の電話のように見えます。ユーザーはデバイスを展開して、内部の柔軟な7.6インチのメイン画面を表示できます。e-inkディスプレイは、この設計には適していません。

ただし、Galaxy Z Flipは、非常に小さい1.9インチのOLEDカバー画面を備えており、時間と通知の表示を簡単に読み取ることができます。電子インクは静的コンテンツの電力を消費しないため、バッテリーの寿命を大幅に延ばします。OLEDやLCDと比較して、e-inkパネルのリフレッシュレートが大幅に低いことは、このコンテキストでもそれほど重要ではありません。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2022年5月17日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。