TSMC、2022年後半にM3 Mac用チップ3nmで生産開始

DigiTimesが伝えた業界筋の話によると、TSMCは2022年の第4四半期に3nmプロセスで構築されたチップの商業生産を開始する予定です。完全なレポートはまだ公開されていないため、現時点では推測の域は出ません。

Appleは、2023年にTSMCによって製造された3nmチップを搭載した最初のデバイスをリリースする予定です。これには、M3チップを搭載したMacやA17チップを搭載したiPhone15モデルとなる見込みです。より高度なプロセスのチップに移行すると、パフォーマンスと電力効率が向上し、将来のMacとiPhoneでより高速でバッテリー寿命が長くなります。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年12月25日 by M林檎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。