Microsoft、Office 2021のMac版とWidows版を今年後半に発売

Microsoftは、Office 2021のMac版とWidows版が「今年後半」に発売されることを明らかにし、いくつかの詳細を共有しています。

MacおよびWindows用のOffice / Microsoft 365のクラウドバージョンに代わる2つの新しい選択肢があります。消費者/中小企業向けのOffice2021と、大企業やその他の組織向けの商用Office 2021(The Verge経由)です。

Office LTSC(Office Long-Term Servicing Channel)は、MicrosoftがOfficeに通常提供している7年間ではなく、5年間のみサポートされるようになります。Office Professional Plus、Office Standard、および個々のアプリの価格も、商用顧客向けに10%上昇しており、Office2 021の消費者と中小企業向けの価格は同じままです。

Office 2021 LTSCは4月にプレビューを公開する予定ですが、Microsoftは、コンシューマーバージョンは同じ扱いではないと述べています。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2021年2月19日 by M林檎

コメントを残す