macOS Big Sur 11.2.1、rootアクセス可能なSudoバグを修正

公開されたばかりのmacOS Big Sur 11.2.1では、rootアクセス可能なSudoバグが修正れています。

このバグは、sudoで「ヒープオーバーフロー」を引き起こし、現在のユーザーの権限を変更してルートレベルのアクセスを有効にします。

これにより、攻撃者はシステム全体にアクセスできるようになります。攻撃者は、マルウェアなどを介してバグを悪用できるようにするために、最初にシステムへの低レベルのアクセスを取得する必要があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2021年2月10日 by M林檎

コメントを残す