欧州の規制当局が、Phoneの耐水性が事実と異なるとして罰金を課す

イタリアのAutorita Garante della Concorrenza e del Mercato(AGCM)は、Appleが消費者に、多くのiPhoneモデルは耐水性があると主張していますが、実はAppleが言うほど耐性能がないと言ったと説明しています。

一例として、Appleは、iPhone 8の防水性と防塵性がIP67に準拠していると主張していますが、3フィートの水面下で最大30分間携帯電話が動作することを意味します。しかし、イタリアの規制当局は、それは静的で純粋な水条件の特別な実験室条件の下でのみ可能であるのことです

Appleは、さまざまな機種でIP67またはIP68定格を主張していますが、サポートドキュメントではユーザーにiPhoneを水没させないようにアドバイスしています。

Appleは、ほとんどの競合他社と同様に、特にヨーロッパの規制当局だけでなく、米国や他の地域の規制当局からも、企業活動のの多くの部分が規制当局による監視の対象となっています。

なお、今回のイタリアの規制当局からの罰金は、わずか1,000万ユーロ(1,200万ドル)で、Appleのような大企業には、わずかな金額です。

(via ars TECHNICA

Last Updated on 2020年12月2日 by M林檎