Microsoft、買い取り制のOffice 2021を発売予定!

Office 365 は、サブスクリプションで提供されるバージョンがメインであり、買い取り制のOffice 365は、Office 365 2019
が最後のバージョンになるとの見方もありました。

しかし、Windows Centralこよると、Microsoftは、サブスクリプションを望まないユーザーのために、買い取り制のOfficeを引き続き販売するとのことです。

Microsoftは、引き続き2021年の後半にMicrosoft Officeの新しい永続的なリリースをリリースします。新しい永続的なリリースは、Microsoft のExchangeチームによる投稿の 1文表示され、Officeの新しいバージョンがリリースされることを確認しています

なお、2019年版は、Word、Excel、PowerPoint、Outlook、Skype for Businessなどのアプリのほか、Exchange、SharePoint、Skype for Businessなどのサーバー対応製品が付属しちえます。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2020年9月25日 by M林檎