Appleの最初のARMチップ搭載のMacは「12インチMacBook」か?

リーカーのFudgeが明らかにしたところによると、MacののARMへの移行は、2016年にMacBook ProにT1コプロセッサーを組み込み、その後T2コプロセッサーにアップデートすることから始まったとのことです。(via Reddit

ARMベースでAppleが設計したもので、重要なセキュリティとコントローラー機能を管理し、完全にArmチップを搭載したマシンへの移行における重要なステップとして機能しています。

iOSとmacOSの統合も、AppleがMac Catalystプロジェクトで取り組んできたものです。 AppleはiOSとmacOSを統合していませんが、開発者がすべてのプラットフォームで動作する単一のアプリを作成できるシステムを目指しており、独自のカスタムARMベースのチップがその目標をさらに促進します。

Fudgeは、サプライチェーンソースからのヒントに基づいて、AppleがAppleが設計したARMベースのチップを搭載した最初のMacとして発表された新しい12インチモデルで、現在廃止されているMacBookを復活させると述べています。

Appleは現在、次期のiPhone 12モデルで使用される5ナノメートルのA14チップをベースにした少なくとも3つのMacプロセッサを開発していると述べています。

3つのプロセッサのうち少なくとも1つは、iPhoneやiPadのAシリーズチップよりもはるかに高速であると言われており、最初のMacプロセッサは、8つの高性能コアと少なくとも4つのエネルギー効率の高いコアを含む12コアを備える見込みです。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年6月13日 by M林檎