watchOS 7、タキメーター、スクールタイム、キッズモード、睡眠追跡などを搭載

iOS 14のリークされたコードから、watchOS 7には、タキメーター、スクールタイム、キッズモード、睡眠追跡などを備えた「Infograph Pro」を搭載されることが分かりました。

ウォッチフェイス

ウォッチフェイスのアップデートが含まれています。

ウォッチフェイスの共有

Appleは、ユーザー間でウォッチフェイスを共有するための新しい機能を開発中です。各ウォッチフェイスは固有のファイルのように扱われます。

iOS 14コードの初期バージョンに基づいて、ユーザーはiOSのWatchアプリの共有シートを使用して、特定のウォッチフェイス設定を他のユーザーと共有できます。ウォッチフェイスをウォッチ間で直接共有できるかどうかは明らかではありません。

この機能により、既存のウォッチフェイスをさまざまな色、スタイル、カスタマイズできる既存の機能が追加されます。ウォッチフェイスの構成は、ファイルアプリでプレビューし、iPhoneのAirDropなどのさまざまな方法で共有できるファイルとなります。

Infograph Pro

watchOS 6には、2018年にApple Watch Series 4:InfographとInfograph Modularで導入されたInfographウォッチフェイスの2つのバージョンが含まれています。

watchOS 7では、Infograph Proと呼ばれる新しいバージョンが導入されます。主な特徴は、Apple Watchの新しい要素であるタキメーターになります。

タキメーターは、移動時間に基づいて速度や距離を測定するために使用されるダイヤルの周囲に位置するアナログ時計のスケールです。

 

写真

Apple Watchを使用すると、ユーザーはiPhoneまたはApple Watchの写真アプリの画像を使用して、パーソナライズされたデジタル時計のウォッチフェイスを作成できます。現在、写真ウォッチフェイスは2つのソースをサポートしています。

  • 個々の写真
  • アルバムの写真のグループ

 

 

共有アルバムをソースとして許可すると、フォトウォッチフェイスを作成する新しい方法が可能になります。たとえば、誰かが家族の共有アルバムを、他の家族が追加した写真を含むウォッチフェイスとして使用できます。親または祖父母のウォッチフェイスで写真を管理するための共有アルバムを作成することもできます。

子供向けのApple Watch

Appleは、親のiPhoneを使用して子供向けにApple Watchを設定および管理する機能を開発しているようです。単一のiPhoneがすでにアクティブ化され、複数のApple Watch とペアリングできますが、一度に使用できる時計は1つだけで、各時計はiPhoneと同じアカウントに関連付けられています。

新しいモデルでは、親は2番目のiPhoneを必要とせずに、子供用のApple Watchをアクティブにして管理できます。この方法では、信頼できる連絡先や利用可能な音楽の管理など、ペアレンタルコントロールも提供されます。

スクールタイム

Apple Watchのペアレンタルコントロールは、iOS 14およびwatchOS 7でさらに進化しました。スクールタイムと呼ばれる新しい機能により、保護者は、授業時間などの特定の時間に使用できるアプリを管理できます。

睡眠追跡

最後に、2020年はApple Watchに組み込まれた睡眠追跡の年であるように見えます— ブルームバーグ は昨年2月に報告したタイムライン  です。

Appleは既に誤ってApple Watch用のSleepアプリリークしており、  以前、バッテリー寿命管理を含む睡眠追跡の詳細な動作について判明しています。

watchOS 6ウィッシュリスト

初期のiOS 14コードで発見された新しい情報は、最初のレポートをサポートし、ユーザーがiPhoneのHealthアプリでパーソナライズされた睡眠目標を設定できることを追加します。Healthアプリには、睡眠時間と質を改善するための推奨事項も含まれます。

 

Last Updated on 2020年3月10日 by M林檎