Apple Watchの好調でスイス時計メーカーが危機に!

Strategy Analyticsによると、Appleは2019年にApple Watchを世界中で推定3,070万台を出荷し、2018年に出荷された推定2,250万台から36%増加しました。

それに比べて、スイスの時計業界(スイスのすべての時計ブランドを含む)は、2019年に世界で合計2,110万台を出荷したと推定され、2018年に出荷された2,420万台から13%も減少しました。

Apple Watchは、ユーザーフレンドリーな技術、スティッキーなアプリ、魅力的なデザインにより、北米、西ヨーロッパ、アジアで大人気です。一方、アナログ時計は年配の消費者に人気がありますが、販売台数が伸びていません。

スウォッチやティソなどのスイスの伝統的な時計メーカーは、スマートウォッチ戦争に負けています。 それに対してApple Watchは、より深い小売チャネルを通じてより良い製品を提供し、ますますデジタルリストウェアを求める若い消費者にアピールしています。

(via MacRumors

Last Updated on 2020年2月6日 by M林檎