次期Apple Watch Series 6、より高速なパフォーマンスと改善された耐水性を実装

著名アナリストのMing-Chi Kuo氏によると、2020年のApple Watchモデルは、より高速なパフォーマンス、耐水性、および潜在的に高速なWi-Fiおよびセルラー向けの無線伝送の改善が行われるとのことです。

Kuo氏は、回路基板用が、液晶ポリマーまたはLCP材料へのAppleの切り替えによって可能になると考えています。シリーズ5以前のモデルでは、ポリイミドまたはPIと呼ばれる材料を使用しています。

耐水性については、Apple Watch Series 2モデルはすでに着けたまま水泳やシャワーが可能で、最大50メートルの深さまで水没させることができます。おそらくシリーズ6モデルは、さらに改良を加えることで、スキューバダイビングや水上スキーなどの高速のウォーターアクティビティの認定を受けることができます。

(via MacRumors