開発者がiPadアプリのMacへの移植に苦戦!

macOS Catalinaの開発者向けの最大の新機能の1つは、最初はProject Catalystと呼ばれるMac Catalystです。Appleは、この機能でXcodeでボックスをチェックするのと同じくらい簡単にiPadアプリをMacに移植できると言ってきました。

ただし、iPadアプリがネイティブのMacアプリに真似するには、より多くの作業が必要です。ブルームバーグのマークガーマンは、これまでにCatalystで「いくつかの問題」に遭遇した開発者もいると報告しています。

たとえば、開発者のJames Thomson氏がiPad用の人気のPCalc電卓アプリをMacで正常に動作させるために予想以上に努力しなければならなかったと主張しています。 Thomson氏によると、Mac版は最初は「より大きなMac画面に浮かぶiPadアプリのように見えた」ため、ユーザーインターフェイスの多くを再設計する必要がありました。

Thomson氏は、一部の古いMacはAppleの高レベル3DグラフィックフレームワークSceneKitを使用するCatalystベースのアプリの処理に苦労していると付け加えました。

また、Troughton-Smith氏は、開発者がCatalystで直面しているいくつかの問題に触れました。一部のアプリのMacバージョンでは、ビデオの再生中にマウスカーソルを非表示にできない、ビデオ録画、2本指スクロール、またはビデオゲームのキーボードおよびフルスクリーンモードで問題が発生しているとのことです。

このCatalystは、発展途上のため、今後のAppleの改良に期待するしかなさそうです。

(via MacRumors