Apple、Final Cut Pro Xをバージョン 10.4.7にアップデート!まもなく発売されるMac Pro向けに最適化

 

Appleが、Final Cut Pro Xをバージョン 10.4.7にアップデートしています。

まもなく発売されるMac Pro向けに最適化されています。そのほか安定性の向上および問題の修正が含まれます。

• 新しいMetalベース・プロセッシング・エンジンによって、再生タスクのほか、レンダリング、合成、リアルタイム・エフェクト、書き出しなどのグラフィックスタスクのパフォーマンスが向上

• Mac ProでのマルチGPU(Radeon Pro Vega IIやRadeon Pro Vega II Duoなど)に対応し、グラフィックスのパフォーマンスが向上

• Mac Proでの最大28コアのCPUに対応し、CPUパフォーマンスの最適化を実現

• Mac ProでAfterburnerカード使用時のProResおよびProRes RAWの再生速度が向上

• Pro Display XDRで圧倒的な美しさのHDR(ハイダイナミックレンジ)ビデオを表示、編集、グレーディング、および配信

• Pro Display XDRを1本のThunderboltケーブルだけで接続してディスプレイまたはリファレンスモニタとして使用可能

• 3台のPro Display XDRを同時にMac Proに接続し、2台をFinal Cut Proインターフェイス用、1台をモニタ専用にすることが可能

• HDRビデオを拡張カラーマスクおよび範囲分離ツールでグレーディング

• macOS CatalinaでFinal Cut Proの使用時に、互換性のあるSDR(標準ダイナミックレンジ)ディスプレイに対してトーンマッピングされたHDRビデオを表示

• グラフィックスの処理速度を向上させるために、内部または外部のどのGPUを使用するかを選択可能

Mac App Store → Final Cut Pro X