MacBook Pro(2019 13インチ)、ベンチマークは前世代よりも最大83%高速

第8世代の1.4GHzクアッドコアCore i5プロセッサを搭載した13インチMacBook Proのベースモデルと第7世代の2.3GHzデュアルコアCore i5プロセッサを搭載した2017年のMacBook ProとをGeekbench 4によるベンチマークで比較した結果、シングルコアでのパフォーマンスが最大6.8%向上し、マルチコアでのパフォーマンスが最大83.4%向上しています。

具体的には、2019年モデルでは、8つのGeekbenchの結果に基づいて、シングルコアスコアとマルチコアスコアの平均がそれぞれ4,639と16,665になります。一方、2017モデルでは、シングルコアが4,341、マルチコアが9,084です。

新しいエントリーレベルの13インチMacBook Proは、IntelのCore i5-8257Uプロセッサを搭載しています。これは、Core i5-8250Uプロセッサのカスタムバリエーションで、最大3.9GHzの最大ターボブースト周波数を持っています。

(via MacRumors