macOS 10.15 Catalina、Gatekeeperを通過して未認証アプリを起動させる方法!

macOS 10.15 Catalinaでは、Gatekeeper(ゲートキーバー)が、アプリをチェックすることによりAppleの未認証アプリを起動させることはできません。

しかし、2つの逃げ道があります。

一つは、アプリのアイコン上でマウスを右クリックしてコンテキストメニューの「開く」から起動させる方法です。これを使うとインストール済みの未認証アプリを起動させることができます。

ただ、これには問題があって、未認証アプリのアップデータ二は対応していません。
それには、ゲートキーパーの設定を無理矢理変更するしかありません。

ターミナルを開いて、以下のコマンドを実行します。

Gatekeeperのステータス確認
spctl –status

Gatekeeperにダウンロードしたすべてのアプリケーションの実行を許可
spctl –master-enable

ダウンロードしたすべてのアプリケーションの実行を許可しない
spctl –master-disable

(via AAPL Ch.)