watchOS 6、新搭載の「Noise」アプリとは何なのか??

watchOS 6に新搭載の「Noise(ノイズ)」アプリとは、いったいどのような働きをするのでしょうか?

このアプリは、人間の聴覚に損傷を与えるような大きな音が発生している環境にある時に警告してくれるアプリです。

なぜ、このようなアプリが必要かと言えば、人間は、ノイズが気になっても、次第にそれに慣れてしまいますが、実際には聴覚に障害を与える場合があり、それを避けるためです。

感知する音の大きさについては、ユーザーが設定できますが、デフォルトでは80デシベルとなっています。

80デシベルは、0.3メートル以内で会話可能というレベルで、パチンコ店内のノイズ(騒音)がそれにあたります。

WHO(世界保健機関)によると、ノイズレベルと健康を害する時間は以下の通りです。

80デシベル:約5時間/日
85デシベル:約2時間/日
90デシベル:約30分/日
95デシベル:約10分/日
100デシベル:約3分/日

watchOS 6のApple Watchでは、以上のレベルを超えると通知し、ユーザーに危険を知らせてくれます。

(via 9 to 5 Mac

Last Updated on 2019年6月17日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です