iOS 13、新搭載の「最適化されたバッテリー充電(optimized battery charging)」機能でバッテリーを長持ちさせる!

iOS 13には、新搭載の「最適化されたバッテリー充電(optimized battery charging)」という機能が搭載されています。

「設定」−>「バッテリー」−>「バッテリーの状態」−>「最適化されたバッテリー充電」のトグルをオンにするとバッテリー充電の最適化が行われうようになります。(デフォルトはオンです)

具体的には、バッテリーの劣化を防ぐため、iOSがユーザーのバッテリー使用状況を学習し、次に使用開始するまでに80%以上完了するようにするとのことですが、具体的にはできるだけ100%充電の状態を少なくして、バッテリーへの負荷を減らす機能です。

しかし、ユーザーの使い方がヘビーだと100%充電しないわけにはいきませんので、この気泡では、ユーザーの充電のパターンを学習して、できるけ80%の状態を保ちながら、最後は100%充電に持っていくようにします。

ただ、ユーザーの充電パターンや吹きそうだとiPhoneが学修できない可能性があります。

(via MacRumors

Last Updated on 2019年6月7日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です