Apple、「数々のストーリー、WWDCに集結」で参加者のエピソードを紹介!

ç

WWDC参加者の1人、エール大学卒の23歳でサンフランシスコ在住のヘアストンは、彼女の最初のアプリケーションであるZimelaを立ち上げたばかりです。Zimelaは助言を与える人とそれを求める人のネットワークを作り、利用者が自身の夢をかなえる手助けすることを目指しています。

もう1人の参加者、ニーマイヤーは自分の友人が再び自立するのを助けたいという思いから、マウスの代わりになる機器を使ってコントロールできる仮想キーボードを設計しました。

詳しいエピソードは、以下のリンクからどうぞ

Apple→数々のストーリー、WWDCに集結

Last Updated on 2019年5月31日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です