iFixit、新MacBook Pro(2019)の分解レポートを公開!

iFixitが、、最大8コアのプロセッサを搭載した新MacBook Pro(2019)の分解レポートを公開しています。

注目は、バタフライキーボードの無償修理プログラムをせざるを得なくなったキーボードの改良です。

iFixitは、キーボードスイッチを覆うシリコン膜に「微妙な変化」がなされたことを発見しました。

2018年MacBook Proのメンブレンは、半透明でシリコンのように感じられるのに対し、2019年モデルのカバーは、手触りが滑らかだと述べています。赤外線分析によると、2018年製のメンブレンはポリアセチレン製で、2019年モデルのカバーはポリアミド、別名ナイロンを使用しています。

iFixitは、また、各キースイッチの上のメタルドームも、微妙に異なっていることを発見しました。 耐久性の問題、バウンスバック、またはその他の問題を軽減するために、新しい表面処理や微調整された合金になっている可能性があると述べています。

(via MacRumors)