次期macOS 10.15では、Apertureが動作せず!Photosや Adobe Lightroom Classicに移行することを推奨

Apple純正写真編集アプリのApertureは、2015年4月に公開されたPhotosの登場により、Mac App Storeから削除されました。

しかし、Appleは、それまでに入手していたユーザー向けにMojaveまでは、Apertureを利用できるようにしていましたが、ついに次期macOS 10.15では動作しなくなります。

これはAppleが、macOSで完全に32ビットアプリのサポートを取り止めるためです。

(via MacRumors

Appleは、以下のドキュメントでPhotosや Adobe Lightroom Classicに移行するように勧めています。

Apple→ Migrate your Aperture libraries to Photos or Adobe Lightroom Classic

Last Updated on 2019年4月30日 by Editor

Visited 1 times, 1 visit(s) today

※このサイトの記事には「噂」や「疑惑」など、不確定な情報が含まれています。ご了承ください。(管理人)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です